アテンザの新車値引き情報

アテンザの値引き相場は住んでいる地域や購入する季節、その車種の人気度やディーラーの事情など様々な要因から決まります。
従って本当の値引き幅は見積書を見なければ分かりません。

新車を購入する時に値引き交渉するのは常識と言えます。交渉次第で10万円以上も購入金額に差が出る事があるのが新車の世界です。
であるならば値引き交渉をしない手はありません。差額でオプションをつけたり、値引きを前提にして予算を組んでワンクラス上の車種を狙ってみるのもいいかもしれません。

値引きを勝ち取るコツは単純です。
複数のディーラーを回り値引き交渉で最大限の値引き額を引き出してから、現在の愛車を複数の買取業者から査定の見積もりを取り、一番の高額査定を付けた業者に愛車を売却する。
順序が逆でもかまいません。複数の買取専門店から見積を取り、それを切り札として持った上で新車ディーラーを複数回る。
要は業者同士で値引きを競ってもらうのです。

車両本体価格だけを見て「見かけ上」安いと思っても、諸経費などでその分きっちりディーラー側が取り返している場合もあります。
実際の値引き幅を知る一番の方法は近くのディーラーで見積を取って総支払額を知ることです。

ネットを利用すれば簡単に見積が取れますのでディーラーに行く前にまずはネットで見積を取ってみてはいかがでしょうか。

車両本体価格と支払い総額

新車を買うときに多くの人は「車両本体価格」を調べて比較しますが、車両本体価格が安くても損な場合があります。新車の価格で重要視すべきは”支払い総額”です。
新車購入の際には車両本体価格の値引以外にも、下取り車やオプション、モデルチェンジの時期、諸経費、ローン金利など多くの要因が関係しますのでそれらによって支払い総額は大きく変わります。従って車両本体価格は安くても損な場合もあるのです。

支払い総額で見積を!

値引き額の比較だけで判断して損をしないためには、ディーラーで全ての見積を出してもらうことです。ディーラーで見積を出してもらうことによってローン金利や下取り車ほか諸経費など車両本体価格だけではわからない、支払い総額が算出されますので出された見積から判断するのが良いでしょう。

見積書

見積書には大きく分けて以下の5つの項目があります。

車両本体価格(メーカーオプション含む)
車両本体とメーカー出荷時に装着されているオプション類の価格です。

ディーラーオプション・付属品 特別仕様
特別仕様車の場合やディーラーで装着するオプション・パーツ・付属品などです。

諸経費
車庫証明や登録代行費用、納車費用などです。

税金・自賠責保険
自動車税や重量税、自賠責保険などの税金と保険などです。

法定手数料
新車の検査登録、車庫証明の手続き費用など役所や警察署に支払う費用です。

これらを合わせたのが「支払い総額」となり実際に払う金額になります。車両本体以外にも様々な支払い項目がありますので、新車を購入する際には車両本体価格だけを見ていると思わぬところで損をする場合があります。

各項目をよく見て、交渉できそうなところがないか検討し、担当者と相談しながら支払い総額を出してもらいましょう。
この支払い総額を比較すればどこで買うのが一番安いか一目瞭然というわけです。

  • 最終更新:2008-09-20 05:19:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード